授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 遺伝基礎科学2
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
授業の目標
遺伝看護の対象となる主要な先天異常や遺伝性疾患の臨床学的知識を修得する。
主な先天異常の臨床像・疫学・診断・治療・予防・生活上の問題を理解する。ま
た、主な遺伝性疾患の臨床像・疫学・診断・治療・予防・生活上の問題を理解す   
る。さらに、遺伝性疾患の再発率の算定方法を理解すると共に、周産期医療におけ
る遺伝学的問題と出生前診断の臨床と問題を理解する。
 主要な遺伝性疾患 染色体異常のメカニズム 主な染色体異常症 
          主要な神経筋症  ミトコンドリア遺伝病
          多因子遺伝病
          発生遺伝学と先天異常
          妊娠と出生前診断
          生殖補助医療と遺伝問題
          遺伝性腫瘍
          集団遺伝学
        
履修のポイント
留意事項

1)履修のポイント
   @初年度に履修することが望ましい。
   A遺伝基礎科学1を先行履修した後の、2セメスターでの履修が望ましい。

 
2)留意事項
   遺伝看護学専門看護師の取得を目指す者は、必修科目である。


学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2017/12/04 15:04:10 作成