授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 遺伝看護援助論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

横山 寛子、溝口 満子
授業の目標
遺伝看護領域における対象である周産期の遺伝学的検査の概要と課題について理解
し、看護実践の方法を検討する。また、遺伝性疾患の事例を取り上げ、それらの疾
患の遺伝形式や病態、診断、疾患管理に関する知識の確認、クライエントや家族が
抱える身体的・心理的・社会的課題の理解とアセスメント、援助方法の検討を通し
て遺伝看護実践能力および倫理的価値判断を高める。 
1)個人及び家族を単位として遺伝問題のアセスメントのプロセスを理解する。
2)遺伝的な問題を支援する具体的手段や活用できる資源、必要な関係者間の調整 
   について理解する。
3)有効な援助の方法を探求する。
4)具体的な援助方法を考える。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

1)履修のポイント
 @初年度に履修することが望ましい。
 A文献レビューや事例をもとにできる限り討議形式で進める。尚、事例ごとに設定  
   された課題に対してレポートを作成する。

2)留意事項
   遺伝看護学専門看護師の取得を目指す者は、必修科目である。

学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成