授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 遺伝看護学実習1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

横山 寛子
授業の目標
講義で学んだ理論や知識、技法を根拠に基づいて統合させ、先天異常や遺伝性疾患
等、遺伝に関連した課題や悩みをもつクライエントや家族に対して必要とされる直
接的な看護ケア、コンサルテーション、調整等の理解を深め、高度な倫理観に基づ
く質の高い看護を実践できる基本的な能力を養う。
1)遺伝看護を必要とするクライエントに関わる医療実践の場面において、クライ
 エントのニーズの把握、遺伝看護の視点から問題の明確化を行い、看護ケアの方
 向性を検討することができる。
2)クライエントや家族のもつ悩みや不安に対し、当事者が自身の価値観を明らか
 にし、意思決定できるよう支援する。
3)遺伝医療チームの中で、遺伝看護を専門とする看護者の立場からケアの方法を
 考え、クライエントの遺伝的特性をふまえて治療継続や日常生活への助言、意思
 決定プロセスにおける支援、家族成員間の調整に関して考察し、スーパービジョ
 ンを受けながら、実践に参加することができる。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

1)履修のポイント
   @2セメスターから履修を開始する。
  A2・3セメスターと通年で実習を行い、徐々に学習を深める必要がある。
   
 
2)留意事項
   遺伝看護学専門看護師の取得を目指す者は、必修科目である
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成