授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 家族健康論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

井上玲子 岡部明子 石井美里 遊佐安一郎
授業の目標
本科目は家族看護学の基礎となる家族看護に関する概念・理論の論究を通して「家
族」「家族の健康」「家族と環境」「家族看護」とは何かを概念的に構築する。
したがって、以下を到達することを目標とする。
1.「家族」の概念を国内外の文献から定義できる。
2.「家族の健康」「家族と環境」を国内外のテキストをレヴューし定義できる。
3.「家族看護」を国内外の家族看護テキストの購読、討議を通して定義すること
ができる。
4.家族看護に関する概念・理論に関する理解を深め、概念や理論の実践への活
用、さらに研究・教育への適用方法や可能性について探求できる。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

この科目は、家族健康論1と2を春学期と秋学期の順で、合わせて1年間で履修する
ことが必要である。なお、家族援助論と平行して履修することが望ましい。

学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成