授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 家族援助論1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

井上玲子 渡辺俊之 新井陽子
授業の目標
国内外で提示されている代表的な家族アセスメントモデルの理解を通じて、家族看
護特有のアセスメントの構造を捉え、高度な家族看護アセスメント能力を養う。
したがって、以下を達成することを目標とする。
1.家族アセスメントの理論的背景と構造を理解することができる。
2.家族面接の理論的背景と構造を理解し、技能を習得できる。
3.臨床事例から家族アセスメントモデルの適応性、応用性、実践可能性を選択・
評価できる。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

この科目は、家族援助論1と2を春学期と秋学期の順で、合わせて1年間で履修する
ことが必要である。なお、家族健康論1,2と平行して履修することが望ましい。

学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成