授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 認知症高齢者看護論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

真下綾子
授業の目標
認知症の高齢者のケアは、認知症の周辺症状の対処に重点を置くのではなく、一人
一人の個性や人権が尊重されたその人らしく豊かな生活を支援していくという視点
に移ってきている。認知症であるが故に理解しがたい本人の意思や残された力、潜
在力をどう理解し、ケアに反映させていくかが鍵である。これらのケアを実践して
いる認知症高齢者グループホームケアに参加し、ケアの実際を学ぶ。さらに、認知
症の疫学、予防、認知症高齢者と家族について検討し、認知症高齢者ケアにおいて
看護の専門的な役割が果たせる能力を養う。
達成目標:
@認知症の病態および認知症状態の複合像と経過、認知症高齢者の体験世界につい
て理解する。
A認知症高齢者の特徴を踏まえた看護判断および看護ができる。
B認知症高齢者との間径を理解しその支援ができる。
C認知症高齢者とその生活の実態、認知症の予防について理解する。
D認知症高齢者ケアの動向および課題を理解し、看護の役割が検討できる。


 

 

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

授業の進め方として、講義、および発表形式を採用し、参加者全員で討議する方法です
すめる。また、認知症高齢者グループホームでのフィールドワークを1日行い、ケアの場
に参加し、認知症高齢者のケアについて理解を深める。

学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成