授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 老年・在宅看護学実習1
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

真下綾子
授業の目標
1.病院・施設における老人の健康生活に関連する機能を、総合的にアセスメントす
ることができる。
2.病院・施設における老人の生活の現状を、生活の質の点からアセスメントし、生
活環境を調整することができる。
3.急性期、慢性期、終末期といった各健康の段階で生じやすい老人の健康問題や課
題を把握し、マネ−ジメントすることができる。
4.老人の疾病予防、健康増進のためのケアプログラムを作成し、実践することがで
きる。
5.病院・施設における老人と家族の関係性を把握し、その調整をはかることができ
る。
6.病院・施設の看護活動を法的基盤の面からとらえ、現状の問題や課題について明
らかにする。


成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

教員の指導のもとに、実習目標が達成できるような実習プログラムを事前学習を踏まえ
て作成する。


学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              看護学専攻                修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成