授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 質的研究方法論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

前田泰樹
井上玲子
稗田里香
佐藤幹代

授業の目標
本講義では,質的研究法についての基本的な発想と,多様な調査技法・分析技法につ
いて理解することが目指される。まず、質的研究についての特徴や、理論的/歴史的
背景などについて概説する。次に、フィールドワークとインタビューの基礎的な方法
と、保健福祉学・看護学分野における質的研究の実際について学習する。その上で、
多様な調査技法・分析技法を紹介する。受講者は,以上の理解に基づき,自らの研究
目的にとって適切な方法を選び取ることができるようになることが,期待される。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

質的研究方法論は、人類学、社会学、心理学から、看護学、保健福祉学、教育学等にわた
る本質的に学際的な科目であるが、何を、どのように見るか/聴くか/書くか、といった
基本的な問い自体は共通している。こうした基本的な問いを理解したのち、それぞれ自ら
の専門分野におけるそれぞれの研究関心と照らし合わせながら,適切な方法を選びとって
いく必要がある。自らの領域における研究関心と、基本的な問いとを、つねに往復できる
ように留意していてほしい。
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              保健福祉学専攻              修士課程 必修

2017/09/15 10:18:50 作成