授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 臨床ソーシャルワーク特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

小原真知子
授業の目標
講義は保健・医療領域の実践理論と技術を学ぶことを目標にする。学生が自己の研究
を具体的に進め、修士論文に寄与できること、さらに実践者の指導者、研究者とし
ての基本的態度や取り組み姿勢を育成することを目的とする。特に、昨今の保健・
医療領域の制度政策も含めて、ハード面、ソフト面の両側面から対人援助に関する
研究課題を、学生各自が見つけ、その研究成果のプレゼンテーションを行い、学生
相互で研鑽していくようにする。そのために以下の項目について、具体的に討論を
交えて探索的に学ぶ。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

学習の到達目標は以下の通りである。  
1)対人援助の理論と技術を学ぶ
2)学生が自己の研究を具体的に進めること
3)研究者としての基本的態度や取り組み姿勢を学ぶ
学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              保健福祉学専攻              修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成