授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 家族支援特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

小原真知子
授業の目標
本講義は保健・医療領域の家族支援の実践理論と技術を学ぶことを目標にする。学生
が自己の研究を具体的に進め、修士論文に寄与できること、さらに実践者の指導
者、研究者としての基本的態度や取り組み姿勢を育成することを目的とする。特
に、昨今の保健・医療領域の制度政策も含めて、ハード面、ソフト面の両側面から
対人援助に関する研究課題を、学生各自が見つけ、その研究成果のプレゼンテーシ
ョンを行い、学生相互で研鑽していくようにする。そのために以下の項目につい
て、具体的に討論を交えて探索的に学ぶ。それを通して、 1) 研究の基礎的能力
2)臨床実践家としての家族にかかわる理論の習得 3)実戦能力の向上を目指す。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

学習の到達目標は以下の通りである。  
1)家族援助の基礎理論を学ぶ
2)家族援助の技術を学ぶ
3)研究者としての基本的態度や取り組み姿勢を学ぶ

学部・学科必修/選択の別
健康科学研究科              保健福祉学専攻              修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成