授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 画像工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

133167:面谷 信
191210:曽根 光男
授業の目標
 画像は、今日の情報可視化において最も重要な役割を演じる情報形態である。画像工
学の分野は画像を扱う装置技術、システム技術、アルゴリズムを含むソフトウェア技
術等により成り立っている。本講義ではこのような技術要素により成り立つ画像工学
の分野について、各技術要素に関してこれまでの歴史的経緯、技術の現状と動向、今
後の展開予測を概論し、これにより画像工学の現状と背景を認識し、今後の展望に関
する見識と予測力を身につける基礎を身につけることをめざす。また知的画像情報処
理を中心として、新しい情報アルゴリズムの理解も目標とする。本講義を通じて画像
工学技術者・研究者としての基本知識、理解力、予測力を身につけると同時に、技術
者・研究者としての普遍的なものの考え方や具体的な研究の進め方について身につけ
ることにより、社会に出て役立つ問題解決力等も養うことをも狙う。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

欠席が1/3を越える学生は評価対象外とする

学部・学科必修/選択の別
工学研究科                電気電子工学専攻             修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成