授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ディジタル情報処理特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

285081: 稲森 真美子 
授業の目標
  ディジタル情報処理、とりわけディジタル信号処理ではA/D変換器によりディジタ
ル化された信号を離散的な信号処理を得意とするマイクロプロセッサ等のディジタル
シグナルプロセッサ(DSP)を用いて処理する。近年、A/D変換器とDSPの性能向上に
伴ってその利用範囲は従来の音声処理、画像処理だけでなく無線・光を用いたディジ
タル情報通信のような高速性が求められる用途まで拡大しており、様々な分野におい
てディジタル情報化時代を支える基盤技術となっている。本講義ではディジタル情報
処理の代表として、ディジタル信号処理のシステムを構成するための基礎理論を理解
することを目標としている。まずディジタル信号処理の解析や設計の基礎となる離散
時間信号の数学的取扱い、フーリエ変換、連続信号の標本化、離散信号の高速フーリ
エ変換などについて講義を行う。さらにディジタル信号処理の根幹をなすディジタル
フィルタの設計法およびディジタル信号処理の実現法についても講義する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

欠席が1/3を越える学生は評価対象外とする
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                電気電子工学専攻             修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成