授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 電気回路学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

198990: 庄 善之 
授業の目標
  電気回路は、電磁気学とともに電気関連のあらゆる分野において理論の基礎をなす
ものである。そのため,電気回路を深く理解することは,理工系の学生にとって大変
重要である。本講義では、電気回路の各種法則の物理的意義を教授するとともに、回
路解析法についても講義を行う。その際、抽象的な表現はできるだけ避け、実際の電
気回路を用いた説明と学習を進め、高度な回路理論へと展開する。
 上記の目標を達成するために、本講義では電気回路の学習を進めていく段階で適
宜、レポートと演習を課す。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

・欠席が1/3を越える学生は評価対象外とする
・日英2クラス開講
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                電気電子工学専攻             修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成