授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 電子回路学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

091556: 曲谷 一成 
授業の目標
 電子回路は大別して、アナログ信号用とディジタル信号用に別れ、その中でディジタ
ル信号処理技術の進歩は著しいが、その性能を左右するのはアナログ回路技術である
と言っても過言ではない。このような背景から、本科目ではアナログ回路
(バイポーラ型、MOS型)を設計する上で必要不可欠な各種要素技術の修得を授業目
標にしている。学部で学んだ電子回路の理論を基礎とし、増幅回路、SPICEによる回
路シミュレーション、演算増幅器(オペアンプ)の特性、その多様な応用回路について
学ぶ。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

・欠席が1/3を越える学生は評価対象外とする
・日英2クラス開講
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                電気電子工学専攻             修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成