授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 生命情報学習特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

231688: 尾関 智子
063035: 上村 龍太郎 
授業の目標
 「学習」という生命・生物の重要な活動をコンピュータをはじめとした機械に行な
わせることは、生命情報の理解と共にそのメカニズムを情報処理に応用する手段を提
供する。特に後者の試みは機械学習と呼ばれ、データから自律的に規則、特徴、意味
を発見できるコンピュータを作ろうとする研究分野である。現在、処理すべきデータ
量は加速度的に増えてきており、人間に頼らずデータから規則を抽出する方法への期
待は非常に大きくなってきている。現在の機械学習は、大量で複雑なデータを実際に
分析・活用することができる段階に達しており、データの自律的解析のための必須の
科学技術として確立されつつある。そこで、本講義では、生命情報学習の一面であ
る、機械学習の諸理論(教師あり学習、教師なし学習、半教師つき学習、強化学習、
アクティブラーニンング、ディープラーニングラーニングなど)について学ぶだけで
なく、機械学習の技術を応用するために必要な諸技法についての理解を深めること目
標とする。講義を通して、現在の機械学習の発展とその実際の活用方法を習得できる
ことになる。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

・欠席が1/3を越える学生は評価対象外とする
・日英2クラス開講
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                電気電子工学専攻             修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成