授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 光計測工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

097384: 渋谷 猛久 
授業の目標
  光波を利用することによりこれまで測定できないような精度で位置を検出したり、
形状を測定することが可能になってきた。本講義ではこれらの基礎となる光学現象、
光学素子全般に付いて講義をする。講義は古典的な光学現象(光の直進、反射、屈
折、干渉、回折、偏光、レンズのフーリエ変換作用、ホログラフィの基礎など)の復
習から始める。光情報処理の高速度化に欠かせない電気光学効果(電界によって媒質
の屈折率が変化する効果)、音響光学効果(超音波によって媒質の屈折率が変化する
現象)について講義する。このような光計測技術は計測や情報記録再生のみならず、
マイクロ加工、医学あるいは宇宙など多くの分野で注目を集めている。最近のトピッ
クスを交えて解説する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

・欠席が1/3を越える学生は評価対象外とする
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                電気電子工学専攻             修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成