授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ロボットシミュレーション特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

117374: 稲垣 克彦 
授業の目標
  ロボット工学において、シミュレーションにより設計の有効性を確認する事は有効な
手段である。ただし、そのためには、ロボットに関する運動学上あるいは動力学上の
情報に基づいたモデリングを行い、これを数値情報解析などによって解かなければな
らない。また、シミュレーションの結果は数値データやグラフだけでなく、コン
ピュータグラフィックスを利用する場合も多く、様々な情報技術の組み合わせが必要
である。本講義では、実際にパーソナルコンピュータを使った情報実習を取り入れ、
実際に使用されているシミュレーションツールを用い、実践的なシミュレーションの
基礎について学ぶ。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

・欠席が1/3を越える学生は評価対象外とする
・英語開講
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                電気電子工学専攻             修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成