授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 機械材料学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

岩森暁
授業の目標
 機械工学、機械産業を支える基盤のひとつが「機械材料」である。「機械材料」
は機械の構成部材の要求性能を満たした材料のことで、機械に必要とされる機能、
機械強度、使用環境などを考慮して、それぞれの機械に最適な材料を選定しなけれ
ばならない。新たな機械製品開発をめざす機械技術者が「材料」に関する知識を養
い、「材料」の性質や特徴を考えながら、材料科学的視点でものごとを捉えること
が機械技術者に要求されている。本講義では、材料の諸特性や加工技術について学
習すると共に、工業製品への応用例についても紹介する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

機械工学科、学部2年時開講の「機械材料」を履修していることが望ましい。履修してい
ない学生は3大材料の基本特性について、しっかりと学習しておくこと。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                機械工学専攻               修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成