授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 機械加工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

神崎昌郎
授業の目標
 本授業では、開発設計技術者、生産技術者に必要な知識として機械加工学を修得
することを目指している。
 実際の授業では、機械材料の大部分を占める金属材料の結晶構造、組織、機械的
性質、強化方法(熱処理)について講義を行う。その金属材料を切削する際の機構
を二次元切削モデルを用いて解説するとともに、難削化が進む機械材料の高効率加
工実現に必要不可欠な、工具材料の高性能化についても述べる。また、機械加工学
は切削加工、生産システム等幅広い学問であり、既履修の他科目との関連を理解す
ることも目的としている。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 本講義で得られる知識は,常に進化し続ける実社会の生産現場で現実に実施されてい
る機械加工技術に関するものであり,就職後もそのまま活用することができる知識で
す.したがって,予習・復習を十分に行って確実に理解すること,さらに,新聞・雑誌・
インターネット等を通じて関連する分野の技術動向を常にウォッチし,講義内容と照合
させるという習慣をつけることが望まれます.
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                機械工学専攻               修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成