授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 航空宇宙先端科学技術特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

細田 聡史 
授業の目標
 宇宙開発は、広範囲の工学技術(制御・計測・通信・電子工学など)を必要とす
る総合工学である。特に、地球から遠く離れた深宇宙を探査する惑星探査において
は、極限環境の中でミッションを達成するための様々な最先端技術が駆使されてい
る。本講義では、惑星探査に用いられる各種工学技術について学ぶ。特に、宇宙機
の航法・誘導・制御(軌道、姿勢)等のアストロダイナミクスや、ソーラーセイル
(宇宙帆船)を始めとする次世代の月・惑星探査機システムについて、幾つかの最
新のミッションの実例や最新の研究成果も交えて講義する。
 また、最先端科学技術の一つである惑星探査工学を題材とした演習も行う。演習
を通じて、工学者として将来仕事をするために必要なスキル(問題設定能力・論理
的に考察し問題を解決する能力・成果を適確に第三者に伝えるために論理的に話す/
書く能力)を身につけることも本講義の目標である。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 本授業では、広範囲の工学技術(制御・計測・通信・電子工学など)や宇宙機の航法・誘
導・制御(軌道、姿勢)等のアストロダイナミクスや月・惑星探査機システムについて広範
囲の分野にわたり取り上げる。また、最先端科学技術の一つである惑星探査工学を題材とし
た演習も行う。この演習を通じて、工学者として将来仕事をするために必要なスキル(問題
設定能力・論理的に考察し問題を解決する能力・成果を適確に第三者に伝えるために論理的
に話す/書く能力)を身につけることも目標としている。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                機械工学専攻               修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成