授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 精密加工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

槌谷 和義
授業の目標
 技術者の最大重要目的は、物を設計することである。機械主要部品あるいは機械
の設計をする上での重要な要素は、(1)機械的特性を含む材料の知識、(2)構造設
計、(3)加工方法、(4)評価方法である。現在、技術の進歩に伴う新材料の創製技術
の開発、およびナノ・マイクロオーダでの加工精度の向上によるマイクロマシンの
創製が実現しようとしている。本特論は、マイクロマシン用アクチュエータ、およ
びセンサにおける精密加工技術について言及し、特に形状記憶合金、圧電材料の創
製技術について適用事例を通じて深く述べる。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

また本科目のテーマには「マイクロ加工技術」を掲げ、さらにキーワードは「MEMS」、「材料」、「加
工」である。したがって、精密加工学を体系的に学ぶことが望まれる。

学部・学科必修/選択の別
工学研究科                機械工学専攻               修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成