授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 地球磁気圏科学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

利根川 豊
授業の目標
 太陽系の惑星間空間には、太陽からの高速のプラズマ流である太陽風が絶えず吹
いている。地球や木星のように固有の磁場を持った惑星の磁場は、太陽風によって
ある領域に閉じ込められている。その惑星固有の磁場が支配する領域を磁気圏と呼
び、磁気圏は過酷な太陽風から惑星を守るバリアともいえる。本講義では地球の磁
気圏を中心に、太陽風と地球磁場の相互作用によって作り出される地球周辺の宇宙
電磁環境の基本事項を物理的に把握することを目標とする。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 宇宙電磁環境の理解には電磁気学が不可欠であり、良く復習しておく必要がある。学部で開講
されている宇宙電磁気学、宇宙科学などの延長上の科目である。オーロラや地球科学、宇宙科学
関係の啓蒙書で概念をつかんでおくことも有用である。
 毎回次の講義範囲、テーマを指示するのでテキストや参考資料を必ず予習し、問題意識を持っ
て出席することを強く希望する。本講義で扱う分野はまだまだ未解決の問題が多く残されてい
る。その問題を如何に解決するか、その論理的問題解決能力を養う意味でも主体的に取り組むこ
とが重要である。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                機械工学専攻               修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成