授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 電気推進工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

堀澤 秀之
授業の目標
 本授業では、電気推進機、レーザ推進機、核融合推進機、反物質推進機、光子推
進機などの非化学推進機について取り上げ説明する。これらの推進機は、化学推進
器に比べていずれも比推力(すなわち排気速度)が高く、比較的長期あるいは長距
離のミッションに向いている。このうち電気推進機は、加速機構によって電熱型、
静電型および電磁型に大別され、初飛行実験から既に約30年が経過し、現在では多
くの推進機が実用化されている。本授業では、まず、これらの推進性能を特徴づけ
る基本的な加速・推進機構ならびに損失機構について説明する。次いで、幾つかの
ミッションにおける実用例について説明する。
 一方、レーザ推進機、核融合推進機、反物質推進機、光子推進機などは、現時点
で実用化された例はなく、基礎的な実験的あるいは理論的研究によって、それぞれ
の推進性能が検討されている。特にこれらの推進機は、電気推進機よりも高い比推
力が期待できることから、恒星間飛行のような長距離・長期間のミッションに適し
ている。本授業では、これらの推進・加速機構ならびに特徴について説明する。
 本授業の目標は、上記の非化学推進機の加速機構および特徴について習得し、与
えられたミッションについて、最適な推進機の利用方法を検討する能力を培うこと
にある。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 流体力学、高速空気力学、電磁気学、熱力学などの基礎知識を必要とするので、これらを
学部在学中に履修済みである(あるいは履修済みに相当する基礎知識を修得済みである)こ
とを前提とします。さらに、本授業では「プラズマ理工学特論」(あるいはこれに相当する
内容を)を修得済みであることを前提としています。

学部・学科必修/選択の別
工学研究科                機械工学専攻               修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成