授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 宇宙構造物工学
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

角田 博明 
授業の目標
 宇宙(地球を含む)で使う構造物は、構造物としての基本性能である軽量化や高
剛性化・高強度化に加え、新たな機能を付加した機能性を有する構造物へと進化し
続けている。このような中で、センサやアクチュエータなどを有するスマート構造
や、用途に応じたデバイスを実装した複合構造など、構造の多様化がますます進ん
でいる。本授業では、基礎技術として必要となる材料力学・静力学・振動工学・弾
性力学などの宇宙構造物への応用方法や、センサやアクチュエータを取り入れるこ
とによる高機能化の手法などについて幅広く学ぶ。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

材料力学・振動工学・数値解析などの基礎知識を必要とする。レポート作成に際しては、簡
単な数値計算を必要とする場合がある。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                機械工学専攻               修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成