授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 建設マネジメント特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

伊達重之/渡部 憲
授業の目標
建設事業における調査・企画、計画、設計、施工、管理・運用、維持・保全の各プロ
セスの遂行に関し、プロジェクトマネジメント、リスクマネマネジメント、 工程管
理、 品質管理、原価管理、安全管理など種々のマネジメント手法を習得し、現在の
動向と課題を理解する。
個々の仕事と建設全体との関わり、ならびに従来の建設技術がどのように進歩してき
たかについて学ぶとともに、どのように最先端の情報技術を導入してきたかを理解す
る。これにより計画・設計・施工・解体・再資源化とつながる広義の建設の流れを理
解する。
一方,土木技術者として、建設事業を効率よく進めるための考え方、知識等、有用な
事柄を日本における建設事業の実例、および建設事業を合理的に進めるために現在問
題となっている公共事業の費用対効果(B/C)、ISO、CALS、QC、
NETWORK、PF1等のツ−ル、基準、手法について合わせて理解する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

建設業界の現在の状況や,社会基盤整備やマンション・住宅建設における建設会社の役割
について,普段から情報収集に努めることが望ましい.

学部・学科必修/選択の別
工学研究科                建築土木工学専攻             修士課程 必修

2017/09/15 10:18:50 作成