授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 材料科学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

笠井哲郎 教授

授業の目標
 建設系の構造材料には、この性質、形態、性能などの異なる多種多様なものが使
用され、また、その使用目的や使用時期・段階によって考慮すべき性質が異なって
います。このため、材料の開発・設計及び材料の選択・適用をより合理的に行うた
めには、基礎となる材料の性質を普遍的・体系的に理解することが大切となりま
す。
 本講では、鋼材、コンクリート、ガラス、プラスチックなどの主要建設材料を例
に挙げ、また材料の状態を液体、半固体及び固体に分類し、各状態における材料学
的性質の考え方とその解析法について習得することを目標としています。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 これまで学んだ材料学や力学に関する基本的事項を復習し、身の回りの様々な構造物
が、如何なる材料で構成されているか、また、材料の特性が構造物にどの様に生かされ
ているかなどについて常に関心を持つことが重要です。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                建築土木工学専攻             修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成