授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 建築設計スタジオ3
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

杉本洋文
吉松秀樹

授業の目標
大学院で建築設計を学ぶ上において不可欠な考え方とその実践方法を学ぶ授業です。
建築設計スタジオ3では、建築設計スタジオ2で学んだ建築設計プロセスを基として、
インターンシップにおいて必要な、より実際的な建築計画・建築設計・プレゼンテー
ション技術を得ることを目標として課題がだされ、企画・計画・設計・プレゼンテー
ションといった実務的設計プロセスを学びます。
建築家としてどういったプレゼンテーションを行えるかを評価軸として、より実際的
なクリティックを受けながら、建築プレゼンテーションのシミュレーションが可能な
授業です。
課題は、具体的な敷地を想定し、グループによるサーベイ・分析作業、企画提案作業
などの実務的な作業シミュレーションと、基本構想、基本設計、プレゼンテーション
などの提案シミュレーションによって構成されています。参考資料の蒐集、データ分
析、エスキススケッチ、図面、模型の作成を、自己管理する能力が求められるでしょう。
この授業を選択することによって建築設計を専門的に学ぶ能力を養うことができ、建
築設計事務所でのインターンシップや院終了後設計分野へ進む場合には欠かせない授
業です。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

課題に対して調査・研究を行い、自らの視点で、課題発見や問題解決などについてまとめ
られ、その内容を建築作品として設計し、プレゼンテーションする能力が習得できている
か、さらに、自分の修士設計に結び付ける動機づけができているかについても確認し、授
業の3分の2以上の出席を必要とし、指示したレポート・発表内容・プレゼンテーションを
総合的に判断して評価します。

 
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                建築土木工学専攻             修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成