授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 地下水工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

本間 重雄 教授
授業の目標
 地盤内に存在する地下水は、植物の生育にとって欠かすことのできないものであ
り、また我々人間にとっては生活用水や工業用水としての貴重な水資源でもありま
す。しかし、過剰に揚水を続けると周辺地域の地盤沈下や沿岸域での地下水の塩水
化を誘発したり、地下開発に伴う建設工事においては地下水の処理が工事の安全性
と経済性に大きな影響及ぼします。また、近年では、工場廃液や廃棄物処分場から
の有害物質の浸出による地下水汚染が社会問題化しており、量的・質的な面から適
切な地下水対策が求められている状況です。
 本講義では、これら地下水に関する広範な諸問題に対処するための地下水流に関
する基礎理論から、調査、解析、対策技術までの基礎的事項を修得することが目標
です。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 地下水問題は土木工学、地質学、農学、環境工学分野にまたがる学際的分野であり、
関連分野の考え方や理論を総合し、グローバルな視点で問題の解明と対策を考える必要
があります。地下水に関連した報告書や調査・対策事例にも積極的に目を向け、技術者
としての素養を高めることが大切です。

学部・学科必修/選択の別
工学研究科                建築土木工学専攻             修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成