授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 環境解析科学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

大江俊昭
授業の目標
 本科目は、環境中での化学物質等の汚染を予測する手法について学ぶ。重金属ない
し放射性核種をとりあげ、環境での反応や地下水の流れを考慮した移動現象の解析方
法を理解できるよう授業を組みたてている。また、数値解法を使って実際に遭遇する
問題への解決力を養う。講義の理解を深める上では、物理、地学、化学などの基礎知
識も重要であり、これらは必要に応じて講義に取り入れている。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 大学院の講義であるから受動的な姿勢は認められません。主体的に課題を解決する姿勢
で講義に臨んで頂きたいと思います。講義では、予め各人にテーマを与えて、それを解い
ていくプロセスを重んじていますから、そのためには、予習が不可欠です。講義の中で
は、数学、化学、物理の知識は当然として、コンピュータの知識も有ることを前提に進め
ます。特に微分方程式とその数値解法に関しては、本講義では必須の知識であるので、十
分に理解した上で履修して欲しいと思います。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                応用理化学専攻              修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成