授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 原子力工学専門講義
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

伊藤 敦
内海倫明
広瀬研吉

授業の目標
 本講義では、原子力工学分野におけるいくつかのトピックを取り上げ、原子力工学
への理解を深める。各トピックについて専門教員より講義を行う。具体的には以下の
点について講義を行う。(1)原子核について(素粒子物理学の基礎)(2)原子力の国際
情勢について(原子力規制)、(3)放射線の医学利用について(医学応用)
(オムニバス方式/全15回)
(伊藤 敦/6回)
 放射線の人体影響と医学利用に関する最新の知見について講義を行う。
(内海倫明/5回)
 原子核と核子に働く力について、素粒子物理学の基礎の観点より講義を行う。
(広瀬研吉/4回)
 原子力を取り巻く世界情勢について、原子力の国際枠組み、原子力技術の国際基
 準、原子力と環境問題、原子力技術の展望などについて講義を行う。

成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

 原子力工学は幅広い視野から総合的に学ぶ分野であり、しかも専門的な知識・技術を要
する学問である。この中で特に医学・物理学・原子力規制とトピックを取り上げてそれぞ
れの専門分野を学んでいく。それ故に聞き慣れない専門用語等を聞き知ることとなるが、
よく復習をしつつ、その意味・内容をしっかりと理解していくことを勧める。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                応用理化学専攻              修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成