授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 免疫生化学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

松下 操
授業の目標
生物は細菌やウイルスなど様々な病原体の脅威に晒されており、これを排除して体内
環境を正常に維持するために免疫が備わっている。高等動物の免疫は感染初期に働く
自然免疫と、その後に作動する獲得免疫から成る。本授業では、自然免疫と獲得免疫
における自己と非自己の識別の仕組みや異物排除の仕組みを講義する。また、受講者
は免疫に関連した英語の課題論文を読み、その内容の発表と討論を通して免疫につい
て理解を深める。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

授業の到達目標は以下の通り。

1	免疫の概念が理解できる。
2	免疫における自己と非自己の識別の仕組みが理解できる。
3	免疫における異物排除の仕組みが理解できる。
4	英語の関連論文を読み、発表と討論ができる。

学部・学科必修/選択の別
工学研究科                応用理化学専攻              修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成