授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 反応工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

秋山泰伸 教授
授業の目標
授業の到達目標及びテーマ
本授業では実験室のフラスコ規模の反応器からマイクロスケールリアクター、さらには
化学工業で用いられる巨大な製造装置などの化学反応器の大きさとその特徴、さらに
は、効率的で省エネルギーに配慮した化学反応を行うため技術や諸問題について理解
し、化学反応を利用してものづくりを行うための効率性やエネルギー問題、さらに地球
を化学反応装置としてとらえた場合の環境問題に関する科学的な見方や考え方を修得す
ることを目的としている。
また、理科教育職員を目指す大学院生に対しては、学習指導要領における「物理」の内
容について「運動とエネルギー」「エネルギーとその利用」などの物理的なエネルギー
の性質、また「化学」の内容について「化学と人間生活」「化学反応とエネルギー」な
どの化学反応とエネルギーとの関連について理解を深めることができる内容となってい
る。さらに物理と化学の複合的な内容として「自然環境と科学技術の関連」や「科学と
日常生活や社会」のかかわりを理解できるような授業テーマを設けている。
1. 化学反応と流動やエネルギーの関連が理解・説明できる。
2. 様々な反応器と化学反応の関係を理解・説明できる。
 地球環境における化学反応の役割を理解・説明できる。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

予習・復習をすること。若干の数学・物理の知識が必要であるので、それらの基礎力を培うこ
と。また、講義中に理解ができなかった内容については“理解できるまで”調査・学習するこ
と。
学部・学科必修/選択の別
工学研究科                応用理化学専攻              修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成