授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 技術英語特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

澤村 誠 講師
授業の目標
技術者が学窓を巣立ち、直ちに求められる英語の素養は英語文献の内容を早く理解
することと、自分の主張を明確な文章で表現することである。この授業では、前者
については英文と日本文の構造的な違いを理解した上で、英文文献の直読直訳の方
法を通じて英文に馴染むようにする。また、後者については国際学会論文の作成、
発表ができるように模擬的な英文を作成して、推敲できるようにする。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

英語論文は単語の発音、文のイントネーションが学会での発表に欠かせない要素である
ことを認識する。
英文文献、英語講演の内容を理解するために、三つの「きく(聞く(印象)、聴く(事実)、
訊く(因果関係))」力を養う。
英語発信したい内容を構築するために、文書における「話す(印象)、語る(事実)、物語
る(因果関係)」力を鍛錬する。
英語発信したい内容を自ら理解するために、問題・課題の科学的・論理的な捉え方を習
得する。
科学技術英語における構文、起承転結を実践を通じて習得する。

学部・学科必修/選択の別
情報通信学研究科             情報通信学専攻              修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成