授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 聴覚情報処理・音響工学特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

程島 奈緒 准教授
授業の目標
スマートホンの音声アシスタント機能や音声によるウェブ検索など、近年では音声技
術がより身近になってきている。現在用いられている音声・音響に関する技術の多く
は、人の音声コミュニケーションシステムを基にした高度な信号処理が使われている
ことから、本講義では、人の複雑な聴覚情報処理を理解した上で、音声・音響工学で
用いられている技術や信号処理の理解を目標とする。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

まず、人の聴覚メカニズム、音声知覚、言語習得、音声生成について、心理・生理実験の
データを交えながら解説する。その後に、代表的な音声・音響工学(音声合成、音声・話
者認識、補聴機器、ホール音響、騒音制御、音楽圧縮等)を紹介する。ヒューマンインタ
フェースやデジタル信号処理の知識があると望ましい。
学部・学科必修/選択の別
情報通信学研究科             情報通信学専攻              修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成