授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 集積回路設計特論
授業科目の区分 大学院科目    大学院科目
担当教員名及び
連絡先

福原 雅朗 講師
授業の目標
本特論では、超LSI(VLSI)技術の中で最も重要なデジタルCMOS集積回路の設計技術を
修得させることを授業目標とする。具体的には、CMOSプロセス及びデジタルCMOS回路
の理論的解析法を学ぶ。また、CMOS集積回路の高速化や低電力化を図るための基礎技
術を学習する。さらに、クロック供給方式、CMOSサブシステムの構成法を学ぶと共
に、SPICEを用いた実習によってデジタルCMOS集積回路の設計能力を育成する。
成績評価の方法
  
履修のポイント
留意事項

本特論の主な授業内容は以下の通り:1.VLSI構成デバイス、2.半導体製造プロセス、
3.デジタルCMOS集積回路、4.半導体メモリ、5.アナログ集積回路。なお、本特論の
授業内容を理解するには電子回路、デジタル回路の知識を必要とするので、それらについ
て自ら予習・復習しておく必要がある。
学部・学科必修/選択の別
情報通信学研究科             情報通信学専攻              修士課程 選択

2017/09/15 10:18:50 作成