授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 自然地理学概論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 人類をとりまく環境要素としての地形、陸水、気候・気象、動・植物などの自然
現象は、相互にかかわり合いながら、全体としての体系をつくりあげている。自然
地理学は、具体的には地形学、水文学、気候学、植物地理学、動物地理学など、こ
れらの要素の空間的な分布や変化のメカニズムを個別に明らかにする科学である。
しかし、近代以降の資源の開発利用や産業社会の発展など、人類による環境への一
層の働きかけによって、これらの環境の諸要素と人類の関係は、環境問題という新
しい局面を生みだし、今日ではその規模は地球規模のものとなり、人類の生存を脅
かすものとなっている。そして自然地理学は、地理学にとって基礎的な部分をなす
ものである。授業では、これらの環境の要素をなす自然現象の全てを扱うことは困
難であるが、取り上げられる自然現象の空間的な分布や変化の法則性を理解するこ
とで、われわれをとりまく環境について理解を深めることを目標とする。
 授業全体を通じて自ら考える力を養います。
先修条件または
他の授業科目との関連
 地理学分野の他の開講科目である「人文地理学概論」「地誌」と合わせて履修するこ
とで地理学を体系的に学習することができる。
履修のポイント
留意事項
開講時に指示。
学部・学科必修/選択の別
文学部 文明学科 選択
文学部 歴史学科                 日本史専攻 選択
文学部 歴史学科                 西洋史専攻 選択
文学部 歴史学科                 考古学専攻 選択
政治経済学部 政治学科 選択
政治経済学部 経済学科 選択
教養学部 人間環境学科                                    社会環境課程 選択
文化社会学部 アジア学科 選択
文化社会学部 ヨーロッパ・アメリカ学科 選択
文化社会学部 広報メディア学科 選択
文化社会学部 心理・社会学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成