授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 応用考古学C
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
 考古学は総合の学問である。時間的には人類の生活していた過去から現在まで、空間的には人類が生活する範囲すべてが対象となる。また、その「問い」も様々なものがあり得る。
 問いに応じて、研究方法も人文・社会科学のみならず、自然科学や工学系学問諸分野とも密接な関連を持つ。したがって、考古学研究、特に考古資料の分析とその評価には幅広い学際的知識・理解が必要とされる。
 このような基本的認識により、本学では「応用考古学」という学科目の下に複数の授業科目を開設している。本講義では「遺跡に住んだ人々はどこからやって来たのか」を最大の問いとして、様々な学問を応用しながら、それを考える。内容としては、講義部分と演習部分を総合した形となる。人間の移動・移住について考えるのには、どのような方法があるのか、演習を通じて、理解することが目標である。
 なお、授業で育成する力・スキルは、自ら考える力<全学共通>、文章・情報を読み解く力、適確な文章を書く力、意見や情報を伝える力<文学部>、歴史意識・人間・自己の発見、分析力・論理的思考力、忍耐力と社会性<本専攻>である。


先修条件または
他の授業科目との関連
 考古学専攻で開設している各専門科目は当然ながらそれぞれ関連を有しながら全体の体系を構成している。また学科目「応用考古学」はそれぞれの授業科目により、他学部、他学科、他専攻の専門科目と強い関連を有する場合もある。
履修のポイント
留意事項
 実験、実習的要素を伴う場合もあり得るので、各担当教員の注意、指示には良く従い、安全面に留意すること。学外へ出てフィールド観察・調査をする場合もある。
学部・学科必修/選択の別
文学部 歴史学科                 考古学専攻 選択必修

2018/09/13 17:24:48 作成