授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 卒業論文基礎2
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 講義は「卒業論文基礎1」で到達した実績を基礎に、卒業論文研究を実際に進めていただくために設けられている。第1段階としては先行研究の概要把握にもとづき現状の問題点や課題をまとめる。第2段階としては報告書の点検や遺跡・遺物の実地観察を通じての基礎資料集成を継続する。これら一連の作業を、受講生同士の相互討議や担当教員からの助言を通じて完了することが求められる。
 授業で育成する力・スキルは、自ら考える力<全学共通>、文章・情報を読み解く力、適確な文章を書く力、意見や情報を伝える力<文学部>、歴史意識・人間・自己の発見、分析力・論理的思考力、忍耐力と社会性<本専攻>である。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件は「卒業論文基礎1」である。
履修のポイント
留意事項
 卒業論文研究であるから、受講生の主体性にすべてが委ねられる。担当教員に適宜助言を受けながら研究を進めて欲しい。授業は進捗状況の報告、中間報告と相互討議となるので、積極的な受講姿勢が求められる。
学部・学科必修/選択の別
文学部 歴史学科                 考古学専攻 必修

2018/09/13 17:24:48 作成