授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 北欧ジェンダー論入門
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目・学科開講2グループ
授業の目標
 本講座は社会生活を送る上での男女間の性差の問題を考えるジェンダー論の入門科目であり、その発展科目として「北欧の女性と社会」が設置されている。このため本講座ではまずジェンダーの問題を理解する上で必要な用語や概念などの基礎知識、分析方法などを学び、次に具体的なデータに基づく北欧の女性の就労状況、労働時間・賃金・雇用形態面での男性との相違、出産や育児休暇に関わる施策などを日本のそれと比較しながら考察する。

先修条件または
他の授業科目との関連
 先修条件はない。この科目は学科におけるジェンダー分野に関わる基盤科目である。この科目を履修したうえで発展科目である「北欧の女性と社会」を履修し、学習を深めていくことが望ましい。また、「北欧の福祉概説」をはじめとする社会系科目とは相互に関連しているので、計画的に履修を進めていくことが重要である。さらに、心理・社会学科等におけるジェンダー関連の科目を履修し、学習の幅を広げていくことを推奨する。なお、本科目は社会系基盤科目5科目の一つであり、5科目のうち2科目4単位を修得することが義務づけられている。

履修のポイント
留意事項
 ジェンダー問題に関心を有していることが重要である。授業で紹介される参考文献や資料を読むなどして、積極的に授業に参加する姿勢が求められる。

学部・学科必修/選択の別
文化社会学部 北欧学科 選択必修

2018/09/13 17:24:48 作成