授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 フィンランド語講読2
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
「フィンランド語講読1」により習得したフィンランド語読解能力をさらに高めると同時に、これまでの言語学習で身につけたフィンランド語の運用能力にかかわる総合的な知識を発展させることをめざす。全体としてフィンランド語基礎文法、基礎表現、基礎語彙などを継続的に学ぶフィンランド語学習の入門後期段階と位置づけられる科目である。継続して中級文法を学びながら比較的平易なフィンランド語のテキストを読み進め、現地情報をフィンランド語のテキストから直接得るように努める。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はないが、「フィンランド語入門」「フィンランド語講読1」を修得しているか、同程度のフィンランド語能力を身につけておくことが求められる。フィンランドの社会や文化についても理解が深まるよう、「フィンランド概論」「フィンランド史」などを修得しておくことが望ましい。さらにフィンランド語の力を養成するため、この科目の後に「フィンランド語表現演習」へ進むことが推奨される。

履修のポイント
留意事項
授業で扱う教材の中で、自分はどこが理解できないのかを明確にして授業に臨むことが重要である。つまり予習をしっかりと行い、授業で何を解決しなければならないのかを自覚しておくことが求められる。また学んだことをしっかりと生かすことができるよう、常に復習し、単語や基本表現の暗記、音声教材の利用など積極的にフィンランド語に触れていく姿勢が求められる。

学部・学科必修/選択の別
文化社会学部 北欧学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成