授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 北欧語研究セミナーA
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
各言語科目および「北欧語特講A」「北欧語特講B」を履修した学生がさらに言語能力を高めることを目的に、セミナー形式で行う授業とする。テーマとしては、言語学的視点から見た北欧諸語の特徴、日本語と北欧諸言語との対照研究、あるいは文学作品を通じての創造的表現の研究などが考えられる。授業は学生自らの発表を中心とし、教員による講義は学生の研究・発表を補うものとして位置づけられる。本講座においては、履修者全員が共通のテーマを設定し、テキスト等の内容に関する議論を重ねながら言語力の向上をめざしていく。

先修条件または
他の授業科目との関連
デンマーク語・スウェーデン語・ノルウェー語・フィンランド語の学習を目的とする他の科目すべてと関連があり、各言語の「北欧語特講A」「北欧語特講B」を修得したレベルの言語能力が求められる。また、歴史科目、社会科目、文化科目を多く履修し、北欧社会や文化に対する深い理解を得ておくことも、言語能力を高めるためには重要である。その中で、「北欧語研究セミナーB」とはとくに密接な関係にあり、本科目を履修する前後に「北欧語研究セミナーB」を履修することが望ましい。また、「卒業研究A・B」を履修する学生は、卒業研究に必要な文献を原語で読むことも本科目の目的の一つとなる。

履修のポイント
留意事項
それぞれが選択した北欧の言語をしっかりと学習し「北欧語特講A」「北欧語特講B」の段階まで修得していることが求められる。また、セミナー形式の授業であることから、言語に対する高い関心を持っていることはもちろん、積極的に研究テーマに取り組む姿勢が求められる。

学部・学科必修/選択の別
文化社会学部 北欧学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成