授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 ストーリーを発見する
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
人間は、自己や世界を理解するにあたって「物語」の枠組みを使用するという特性を持っている。本授業では、人間にとって「物語」が何かを問うと同時に、すぐれた文学・映像作品がどのような「ストーリー(物語)」を有しているのか探ることで、物語の持つ力と構造を確認する。神話や伝説の時代から人間を動かしてきた物語について学び、さらに具体的な作品をとりあげて、今現在も機能している物語について考えることで、自分自身の「物語」を作り上げていく能力を養う。
先修条件または
他の授業科目との関連
 「ストーリーを発見する」は「文学創作入門ワークショップ」と対になって、文芸創作学科の入門科目を構成している。両授業を通して、良質な作品のおもしろさと作品制作の楽しさを体感的に了解する。
履修のポイント
留意事項
大学入学直後から始まる授業として、新鮮な気持ちと生き生きした好奇心を持って取り組むこと。知識や読書経験の多寡は問題ではない。積極的にさまざまな作品に触れ、臆せず制作活動に励んでほしい。
学部・学科必修/選択の別
文化社会学部 文芸創作学科 必修

2018/09/13 17:24:48 作成