授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 世界の文学を読むB
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 この授業は、「世界の文学を読むA」と同じく、世界におびただしく存在する優れた文学作品を俯瞰して、文芸ジャンルの幅広さや可能性に気づいてもらうことを目標とする。そして、最終的には、文芸が歴史的にどのように形成されてきたかという意識、「小説の自意識」を身につけてもらいたい。ただし、アプローチの仕方は「A」とは異なる。19世紀西欧小説の代表作を読んだ上で、その源流をなす@古代ギリシャ悲劇、A聖書、B古代牧歌物語、C中世騎士道物語、D近世悪漢小説に焦点を絞って、文芸の変化を辿ってゆく。
先修条件または
他の授業科目との関連
1年次の履修がふさわしいレベルの授業である。「世界の文学を読むA」から先に履修してもよいし、こちらから先に履修してもよい。
履修のポイント
留意事項
本学科の基礎科目なので、本学科生全員の履修を求める。
学部・学科必修/選択の別
文化社会学部 文芸創作学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成