授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 近現代文学〜他者のゆくえ
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 江戸期の文学が、明治になって現在の文芸へと移り変わり、近現代の文学が誕生した。そこには、西洋文学からの影響があり、〈他者〉を意識しつつ新しい時代の文学をつくり上げていった明治の文学者たちの努力がある。この科目は、江戸から明治、大正、昭和以降へと移り変わる時代を反映する日本の文学の変遷を、具体的な作品を読むことで感じ取ることを目的としている。豊かな混沌″から、自らの表現の糧となるようなものを見つけ出して欲しい。

先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はないが、「明治の文学〜私の誕生」とテーマが近いため、前後のセメスターで履修することが望ましい。
履修のポイント
留意事項
批評系科目として、文学をより深く解釈できる力を養成する。
学部・学科必修/選択の別
文化社会学部 文芸創作学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成