授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 リーディング・ワークショップ
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 すぐれた芸術家や職人は、一見すると見過ごしてしまうような細部にいたるまで作品を丹念に仕上げている。「神は細部に宿る」と言われるとおり、作品の真価はそのようなディテールにおいて問われるからである。

 この授業の目標は、古今東西の古典的文学作品を丹念に読み込んで、その作品の真価が宿っている「細部」を発見する力を身につけることにある。

 すぐれた作品が細かなディテールにいたるまで念入りに仕上げられていることを、驚きを持って知ることは、作者の創造の神秘にふれ、ひいては自らの創作にも大きな示唆を与えてくれるはずである。

<この科目で育成することを目指す力:「自ら考える力」「文章・情報を読み解く 力」「批評的な思考力」>




先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はない。ただし、「文芸批評入門」よりもさらに踏み込んでテクストを精読するので「文芸批評入門」を履修した後にこの科目を履修することが望ましい。
履修のポイント
留意事項
外国文学を対象とする場合あるが、翻訳を使用するので、当該の外国語の素養を前提とするわけではない。
学部・学科必修/選択の別
文化社会学部 文芸創作学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成