授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 童話の世界
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 同じタイトルのもと、二人の講師によって異なる内容の授業がおこなわれる。
 加藤晶子講師の授業は、自分の手で絵本を一冊丸ごと、最初から最後までつくりあげることを目標とするワークショップ・スタイルの授業である。授業を通して、絵と文章を構築していくことのむずかしさを実感してほしい。さりげない一文やカットの裏にどれほどの苦労が隠れているか、身体に刻み込んでもらいたい。授業の性格上、10人程度のサイズが望まれる。
 本間紀子講師の授業は、ヨーロッパの神話や童話において、物語と美術とがどのように深く結びついて享受されてきたか、図版を参照しながら順次解説をしていく、レクチャー・スタイルの授業である。
 内容も形式もまったく異なるので、ガイダンスで内容を確認したうえで履修登録をすること。

 
先修条件または
他の授業科目との関連
2年次の履修がふさわしいレベルの授業である。先修条件はとくに設定しない。
履修のポイント
留意事項
 同じタイトルのもと、異なる内容の授業がおこなわれる。ガイダンスに必ず出席し、内容を確認してから履修登録をするように。
学部・学科必修/選択の別
文化社会学部 文芸創作学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成