授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 コンテンツ分析論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本授業におけるコンテンツの対象は、主にニュース番組をとりあげ、ある一定期間の各局のニュース番組の内容の比較を行う。必要となれば、外国の報道番組も対象とする。授業内では質、量の両側面からの分析を行うことにより、感覚的な印象を客観的な数値でどこまで捉えることが可能かを追求する。
 授業を通して分析の手法、発表の方法を学ぶと共に、番組等のコンテンツの送り手側の意図や、その意図を達成するための各種技術を探り、加えて、送り手自身すら気づいていない社会的、政治的、文化的な特性などについても迫っていくことを目指す。
先修条件または
他の授業科目との関連
・先修条件はない。
・グレードナンバー200番台の科目であり、広報メディア学科の基礎科目として、
 1〜2年次に受講し、専門教育の土台をつくる科目として位置づけられている。

履修のポイント
留意事項
@コンテンツを分析するための基礎的な論理的手法を、具体的な事例とともに学ぶ。
A専門家によるテレビ・ニュース番組等のコンテンツに関する分析結果を理解する
 ことが出来る。
B授業で説明された分析手法を用いて、自らニュース番組等のコンテンツを分析する
 ことが出来る。
学部・学科必修/選択の別
文化社会学部 広報メディア学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成