授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 新聞報道論
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 本授業では、新聞が社会において果たしているジャーナリズム機能や、それに関わる様々な問題について、理論的な分析枠組みを提示するとともに、事例を取り上げつつ解説していく。
 授業を通じて、新聞報道が今日の社会でどのような役割を果たし、どのような問題を抱えているのかを、自分なりに考察してほしい。そのためには、新聞を読む時、報道されていることが本当に正しいのか、その報道の仕方は適切なのか、といった批判的な視点を持って接することが望まれる。
先修条件または
他の授業科目との関連
・先修条件はない。
・グレードナンバー200番台の科目であるが、広報メディア学科の応用科目の一つとして
 専門教育の土台をつくる科目として位置づけられている。

履修のポイント
留意事項
@授業中に提示された知識を正確に理解し、提示された課題に対して文章で的確に回答
 することができる。
A授業での配布資料や参考文献を用いて、より深い知識を得ることができる。
B新聞報道が今日の社会でどのような役割を果たし、どのような問題を抱えているの 
 か、なぜそうした問題が生じたのかを歴史的視点から考察することができる。

学部・学科必修/選択の別
文化社会学部 広報メディア学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成