授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 比較行政学
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
 この授業は、日本の行政を理解することを目的とし、そのために諸外国の行政を
比較研究することが必要であるという趣旨から出発しています。日本の行政に対し
て歴史的に影響を与えている国や、日本が影響を与えている国の政治や行政に関す
る講義を通じて、外国と日本の行政を学び、日本の行政をよりよくする方法を考察
することを目標としています。

本授業で育成する力・スキルは、以下の通りです。
・挑み力
・政府・市場・組織を理解する力
・現状を分析する力
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はありません。ただし、本授業では諸外国の行政システムを中心に講義
し、必ずしも日本の行政システムの講義を含みません。したがって、「行政学」や
「地方自治」「公務員論」などをすでにまたは同時に履修し、日本の行政システム
に関する基礎的な知識を持っていることが求められます。

履修のポイント
留意事項
外国の行政に関するニュースへの関心とともに、講義には欠かさず出席し、自ら考えるこ
とが重要となります。

学部・学科必修/選択の別
政治経済学部 政治学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成