授業内容・計画(概要)の情報


授業科目名 国際法
授業科目の区分 主専攻科目    主専攻科目(学科開講科目)
授業の目標
21世紀を迎えた今日、グローバリゼーションの波は地球全体に及び、国際的な
関係のあり方もますます複雑さの度合いを高めつつあります。この講義にあたって
は、まず国連が平和維持のために果たすことのできる役割とその限界を制度的・法
的に考察し、具体的な事例をできるだけ詳しく検討しながら、紛争の解決のあり方
を探ります。また、国際法がどのような法であるのか、個々の国家がどのような権
利や義務を有しているのか、外国人が他国においてどのような権利を有し、どのよ
うな義務を負うのか、国家が他国や他国の国民に対して違法なことをした場合どの
ような償いをしなければならないのか、外交官や国家の代表者が他国に赴いた場合
にどのような権利を有し、どのような義務を負うのか、など国際法の基本的な諸問
題を全般にわたって講義する予定です。
 本授業で育成する力・スキルは以下の通りです。
 ・自ら考える力
先修条件または
他の授業科目との関連
先修条件はとくにありません。国際法は、当然のことながら、国際政治学や国際
政治史をはじめとする国際政治コースの諸科目と密接に関連しています。また、憲
法をはじめとする法学関係の知識は、国際法の学習にも大いに役立つはずです。
履修のポイント
留意事項
国際法が対象とする問題は、多くの人が興味を覚える大事件から、必ずしも誰もが知
っているとは限らない事柄まで広い範囲に及んでいます。そこで、日頃から新聞やテレ
ビなどのマスメディアを通じて日本とその周辺にかぎらず、広く海外に目を向けて、さ
まざまな問題に目を向けるように習慣づけを行ってください。
学部・学科必修/選択の別
政治経済学部 政治学科 選択

2018/09/13 17:24:48 作成